【買取査定に響く】ダメなお酒の保管方法と対策法

買取サービス

贈り物やお土産のお酒で「飲まないからそのうち買取に出そう」「飲むつもりだけどそのうち開けよう」と思い、お酒を放置していませんか?

「そのうち」と、お酒を適当に放置していると、例え未開栓でも買取に出せなくなる可能性があるんです。

ダメなお酒の保管方法と原因

どのお酒にも共通してダメな保管方法

それは、直射日光に当たる場所での保管と高温場所での保管です。

「未開栓だから問題ないのでは?」と思うのは大きな間違い。

直射日光の当たる場所で保管すると、品質劣化が速く進み賞味期限が短くなります。

夏場の家の中など、高温場所での保管も品質劣化が速く、未開栓でも味が変わるなんてことも。

特にアルコール度数の高いコルク栓のお酒は、味の劣化以外にもお酒が蒸散して中身が減る可能性もあります。

かなん
かなん

こんなことにならない為に、お酒の品質を維持する方法があるよ!

お酒を劣化させない対策法

ワインセラーや日本酒セラーを買う

セラーはお酒の温度を一定に保つことができるので、品質維持が可能です。

家庭用の冷蔵庫でも冷やすことは可能ですが、温度が低すぎたり冷蔵庫の開け閉めによって冷蔵庫内の温度がバラつくことも。

最近は自分で温度調整ができる機種が多く、長く美味しいお酒を飲むことができます。

デメリットとしては、置く場所がない、邪魔になるということ。

小型なら1万円前後で買える機種もあるので、買取だけが目的ではなく「お酒が好きで美味しく飲みたい!」という方にはおすすめです。

ワインセラー 家庭用 小型 アイリスオーヤマ 8本 ペルチェ式 おしゃれ ワイン 送料無料 コンパクト ブラック タッチパネル アイリス ワインクーラー 軽量 静音 1段 メーカー1年保証 保存 保管 冷蔵 PWC-251P【D】

価格:9,980円
(2021/12/26 23:47時点)
感想(21件)

新聞紙で包み保管

瓶に入っているお酒を新聞紙で包むだけで、外の光から守ることができます。

日光だけではなく蛍光灯の光にも敏感なお酒があるので、周りを保護してあげることが大切です。

このように新聞紙1~2枚で包み、野菜室に保管するのがベスト。

野菜室に入れるスペースなんてない、という方には床下や押し入れなど比較的涼しい場所で保管しましょう。

「売りに出すつもりだけど今は時間がない」「少しの間でも品質維持をしたい」という方にはこの方法がおすすめです。

まとめ

お酒をいい状態で保管するには未開栓でも日光や高温から守ってあげることが大切です。

知らなかった、という方は今からでも遅くないので実践してみましょう。

買取に出す場合だけではなく、美味しく飲みたい方もぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました